沖縄県栄養士会監修うちなー料理レシピ

ソーミンタシヤー (そうめんの炒め物)

ソーミンタシヤー (そうめんの炒め物)の写真
材料(5人分)
そうめん(乾燥)(ソーミン)500g
塩(そうめんにまぶす)(マース)2.5g
油(そうめんにまぶす)10g
人参50g
青ねぎ50g
ツナ缶50g
塩(マース)1.5g
50g

作り方

  1. たっぷりの熱湯にそうめんをほぐし入れ茹で、ざるに取って水気を切る。
  2. 1.のそうめんに塩と油をまぶしておく。
  3. 人参はせん切り、青ねぎは小口切りにする。
  4. 鍋に油を熱し、人参、ツナを炒め、塩で味をつけ、その中に2を加えて全体によく混ぜる。仕上げに青ねぎを散らす。

一口メモ

タシヤーは油炒めのことをいいます。
以前沖縄では、そうめんを塩のみのシンプルな味で炒め、ねぎを加えたものを、ソーメンプットゥルーといっていました。最近では、具をたっぷり入れたそうめんの炒めものが主流をしめ、家庭料理をはじめ、酒のおかずとしても人気メニューの一品となっています。そうめんの茹で具合ひとつで仕上がりに違いのでる簡単そうでいてコツのいる料理です。